クレーム対応全般

権利意識の強い時代、こんなことがと思ったものが裁判沙汰になってしまいます。
早く対応していればと悔やんでも、もはやどうにもなりません。

人は感情の動物、感情がこじれると話し合いでは解決できなくなります。クレームはもちろん、あらゆる場面の難題に、自分一人では、どうにもならず、追い込まれた悩みに苦しみます。そこで第三者の力が必要となるのです。

これは本当に裁判で争うものなのかどうか、少し考えれば、わかるはずです。そんな時、私の人生経験が、皆様のお役に立てると思います。

Copyright(c) 2013 Shibui Haruo. All Rights Reserved.