menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

LATEST ENTRIES

茨城県知事選挙は、自民党の民族派対自民党の米国追従派との戦い

本来の保守本流とは、日本民族が中心となって天皇と日本国と日本国民を守るべきものなのです。それが今の日本は本当の保守本流が、わけのわからない売国勢力に押されっぱなしで劣勢にあるのが実情です。日本の政治家の多くも本物の日本人ではない皆さんが主流…

仙台育英に野球の神様が味方したな、大阪桐蔭惜しかった、高校野球は面白い

私が初めて高校野球の応援で甲子園に行ったのは、秋には東京オリンピックもあった、昭和39年の夏でしたね。母校の修徳高校が甲子園に初出場したからでした。あの頃はまだ、東京代表は1校で、代表になるのは大変でした。修徳のエースは、ロッテオリオンズに…

北朝鮮ヤラセミサイル報道で又、日本は、無駄なものを買わされてしまった

陸上配備型イージス導入へ 日米防衛相会談で表明見通し 主な迎撃ミサイルシステム  防衛省は、陸上配備型の新たな迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を導入する方針を決めた。北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返す中、ミサイル…

安倍総理と加計理事長は従兄弟なの、それじゃお友達どころではありませんね

事実は小説よりも奇なりで、噂が噂を呼び、お二人の祖父が岸元総理となると、これは大変なドラマになりますね。そう言えば、お二人とも顔が似ていますし、加計理事長も岸元総理にそっくりですね。どんな世界の人でも、偉い人は金が自由になりますから、あちこ…

本物の秘書は、皆、公設秘書ではありませんよ

世間では、国会議員の秘書は、政策秘書が一番で、次に公設第一秘書、公設第二秘書との、秘書の順番があると思われがちですが、本当はそうではないのです。公設秘書のそれは、単に税金で頂く秘書給与の金額の序列を意味しているだけのことで、国会議員が、実際…

玉砕された日本人の戦死写真を見れば、靖国神社に行かないわけにはいかない

玉砕の島々である、アッツ、サイパン、マキン、タラワ、ペリリュウー、アンガウル、硫黄島等、日本軍は、本当によく戦いました。日本陸軍の戦いでは、三割戦死すると苦戦、五割戦死すると敗北、七割戦死すると全滅、そして、それ以上戦死すると玉砕と言う。ま…

自衛隊の日報の内容、おそらく大変なことが書かれてあったのでしょう

今日は、日航ジャンボ機墜落から32年ですか。月日の経つのは早いものです。しかし、これは事故なのか、事件なのか、未だによくわかりませんね。あんな立派な飛行機の尾翼が簡単に吹っ飛ぶとは、とても思えませんからね。墜落から16時間もの空白も謎ですし…

北朝鮮がグァムにミサイル4発計画とは、田舎芝居も大変ですね

何を日本の国も報道しているのでしょうかね。もはや瀕死の安倍政権を支えるには北朝鮮のミサイル報道しかないのですから、安倍政権も北朝鮮に感謝しなければならないと思いますね。米国も北朝鮮を使って、何でも言うことを聞いてくれる安倍政権支えたいところ…

不倫をするなら百万人位の女性と不倫をしなさい

つまらない人達の不倫報道、どうでもいい様なことだと思うのだが、マスコミも視聴率が取れるから報道するのであろう。しかし、不倫報道なるものは、いささか暗さばかりが目立つものであり、明るさが感じられないので私の性には合わないもの、どうせ浮気をする…

野田聖子さんも入閣を受けてはダメだな、皆さんは国民が何で怒っているのか、わかっていない

問題があった政治家は、潔く議員を辞職するべきなのに、そんな立派なお方は一人もいないのですから、情けない限りです。本当にプライドがある指導者ならば、おめおめと生き恥を晒しているはずもなく、切腹や自決をするものなのですが、そこまではともかく、議…

さらに記事を表示する