menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

LATEST ENTRIES

公明党が希望の党と組むのなら、自民党は民進党と組むか

都議選で喧嘩をした自民党と公明党、その傷は深く自民党は都連会長も決まらない有様、こんな状態で国政は自公連立などと寝ぼけた事をいっていたら笑われてしまう。まして東京の選挙は風の選挙、へたをすると自民党の国会議員も半数は討ち死にしてしまうのでは…

落選しそうな議員は党に関係なく藁をもつかむ思いで新党にも行きますよ

自民党から離党者ですか、まぁ江田氏と勝負しても勝てそうもないので、小池人気で何とかと思ったのでしょう。それでも、自民党も新たな候補者を出してくるでしょうから、小選挙区では難しいでしょうね。新党の比例復活でとの読みもあると思いますが、はたして…

公務員は政府ではなく国民のために仕事をするべきものなのです

政治家は国民の代弁者であるにもかかわらず、国民のためにならないことばかりしていては、それはもう、国民の代弁者ではありません。国民の代弁者として、国民が政府に権力を与えていることを無視して、その権力を私物化して、国民に損害を与える様なことばか…

野田聖子大臣の夫は「元暴力団員」との週刊文春報道

昔は、週刊誌の報道で、世の中が左右されることもなかったのですが、今は週刊誌報道が報道の先陣をきって、それからテレビをはじめ他の報道が続くという、情けない結果なのですから、大手マスコミは、何とも、お恥ずかしい限りである。野田大臣は安倍総理と距…

政治家に疑獄事件はつきものだが、加計問題は命取りになりそうですね

沈黙の解散の理由は、誰が見ても加計問題、どうにももう説明のしようが無いのですから、解散して何とかチャラにしたいところですが、はたして選挙に勝っても、国民が知ってしまった以上、それで済むかどうかは難しいですね。官邸主導の政治でなかったら、こん…

加計、森友が小さな問題で衆議院を解散するわけがありません

解散と簡単に言われるが、内閣改造したばかりですよ、選挙が終わって、又、引き続き同じ人が全部、大臣をやるのでしょうかね。何度もいいますが、解散は総理ではなく内閣がするもので、大臣は解散に反対が出来るのです。総理は、大臣の任免権を持っていますか…

衆議院の解散か、不正選挙を国民は監視しなければならない

圧倒的な票数の差がなければ野党側が勝利するのは難しいと思いますね。不正選挙は国政選挙でも行われるのですから、期日前投票なんかも、よくわからないものですから、あまり感心しませんね。小選挙区、当選者は一人、自公に本当に勝とうと思うなら、民進党も…

90歳以上、200万人超えた、まだまだ青春ですから

65歳以上の高齢者人口(15日現在)は推計で3514万人となり、総人口に占める割合が27・7%にのぼった。前年より57万人(0・5ポイント)増え、いずれも過去最高。90歳以上は初めて200万人を超え、206万人となった。18日の「敬老の日」…

豊田議員は政治家より毒舌タレントの方が向いているのでは

このキャラは、性格的なものなのか、精神的なものなのか、どちらかなのでしょうが、女性でも、こんな発言の数々をする女性は結構いらっしゃるので、別に珍しいものではありません。しかし、政治家の発言としては、これを聞いてしまった国民としてはビックリす…

政治家は落選しないことを考えて毎日生きているのです離党でも何でもしますよ

民進党に勢いがなければ、落選しそうな議員が離党するのは仕方のない事、政治家は国家、国民のことよりも自分が落選しないことを考えているのです。民進党も、最近は週刊誌に叩かれっぱなしで苦しいところですが、それもこれも政権担当能力が無いのではと、国…

さらに記事を表示する