menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

LATEST ENTRIES

尾畠春夫さん、偉いものですね、ボランティアで生きることは大変なことなのです

65歳で魚屋を辞めてのボランティア人生、はたして生活費は大丈夫なのかと気になるところ、歯は入れ歯と聞いて、全てが若いわけではなく安心もしたが、それにしても、その体力たるや、本当に素晴らしいと思います。そして、この記事、1日往復48キロの山道…

大東亜戦争はアジア解放のため、インド国民軍もインパール作戦で日本に味方

73回目の終戦の日を迎えましたが、日本の国は未だに米国の占領下のままです。戦前、アジアの独立国は日本とタイだけでしたが、タイはイギリスとフランスの力関係の問題で独立していただけの話で、本当の独立国は日本だけだったのです。日本はアジアの盟主と…

元会長は昨日今日の会長ではないはず、何で又、急に引きずり下ろしたのか、原因はIOCか

「普通の人でも、反社会勢力との関係、交際は絶対にダメ」は、昨日今日の法規制ではないはずです。今の世の中は、卑怯な連中ばかりで、暴力団との交際があったなどとは口が裂けても認めませんが、この歴史に残るお人は、信じられないことなのですが、平然と正…

納采の儀は行われない、つまり破談ということなのでしょう、外国は怖いところですよ

人には結婚する自由があるのは確かですが、それでも、人それぞれに生まれ育った環境が違うのも事実なのです。美智子皇后様も初めて民間から皇室に入られましたが、それでも社長令嬢、生活に困って人様から借金してトラブルになったり、親族で自殺されたりした…

すい臓がん、それにしても亡くなるのが早い、翁長知事殺されてしまったのかな

4月にすい臓癌の手術をされて、4か月目で亡くなるとは早いですね。30年前には、日本で癌で亡くなる人は、6千人しかいなかったのに、今では毎年、38万人以上の人が癌で亡くなっている。医学も進歩しているはずなのに逆に癌で亡くなる人が増えているので…

暴力団との交際を認める会長が、自ら辞任するわけがありません

「国会議員でもスポーツ団体の人でも、暴力団との交際を認めた人は誰一人としていない。日本で唯一、自分だけが暴力団との交際を認めている。」との発言、ある意味、逃げも隠れもしない正直で男らしい人物であるとも言える。そんなお人が、暴力団との交際を指…

医学部女子学生差別ですか、しかし、人は生まれながらにして差別がありますよ

わけのわからないことばかりですね。インチキ、八百長は、世の中の全てのところに存在するもので、別に驚くことではありませんよ。男女同権は当然なのですが、それでも男と女は、同じものではありません。男には子供を産むことは出来ませんし、格闘技をやる強…

ボクシング界を取り巻く関係者にも裏社会の皆さんが居るのではないでしょうか

このボクシングの会長さん、中々、サングラスで凄みのある顔つきをされていますね。紋付きや白のスーツ、長いマフラー姿で大きな指輪で写真に納まっており、一見、ヤクザの親分ではと思ってしまいますね。どんな服装をされても、それは自由なのでしょうが、長…

アインシュタインの脳、解析できれば素晴らしい、特別なものを発見してもらいたいものです

NHKの番組、アインシュタインの脳、あるのは134箇所で、残り92箇所がどこにあるのかわからないそうな。前頭葉が普通の人より一つ多い四個、頭頂葉も発達していて、三次元の世界を自由に創造できる脳を持っていたとのこと。天才の脳がどんなものである…

森友、加計から国民の目を逸らすために、文科省への集中攻撃で地検も大変ですね

普通の国民は、新聞やテレビで情報を知るだけで深いところまでの話は、まったくわからないのです。裏口入学と大騒ぎをしているが、学校側にしてみれば、合格に対する採点方法など、何も個々の学科だけで決める必要はなく、論文や面接を重要視して決めてもいい…

さらに記事を表示する