menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

いつもの地検による強制捜査、これは森友学園への8億円の値引き隠しかな

もはや、政府や大阪府や財務省は、どうにもならなくなったのでしょう。説明する、説明すると言ってみたところで、誰が考えたって、とても、とても、この8億円の値引きを説明など出来るものではないからです。森友学園も加計学園も、安倍総理、安倍夫人と大変に仲良しだったところ、だからこそ、8億円だ、133億円だとの恩恵に預かることになったのである。どんな素人でも、わかることですよ。ここまでバレてしまうと、話し合いや民事では済まなくなり、困った結果が地検特捜部なのでしょう。地検特捜部は、政治的、社会的問題に対応する捜査機関で、権力者側のために存在しているものなである。

地検特捜部とは元来、帝国陸海軍の隠匿物資を摘発するために、戦後、米国が組織した捜査機関で、米国CIAが背後に見え隠れする捜査機関である。これに睨まれると、あの田中総理だって葬られてしまうのですから、もの凄い力を持っているのです。

安倍総理も、この米国支配のままの政治さえ行っていれば、どんなことがあろうとも安泰なのです。そうでなければ、ある意味、森友も加計も、とんでもないスキャンダルなのですから、とっくに安倍総理も吹っ飛んでいるはずです。忖度などと、そんな抽象的なもので、財務省等の高級官僚が、危険なことをするわけがありません。官邸側の強烈な指示があったかこそ、役人が動いたのです。それが今では、八方塞となり、やむにやまれずの地検特捜部となったのでしょう。

刑事事件の被疑者の話などに、国民が理解を示すわけがないとの判断からの苦肉の策が、今回の強制捜査となったのでしょう。しかし、神風が吹いたとの籠池氏の話の裏には、権力者の介在が読み取れる。

権力も長くなると腐るもの、まともな自民党議員、しっかりしろと言いたいですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー