menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

危機管理とは組織防衛の事、つまりは不祥事を外に出さない様にすることなのです

すでに傷害で刑事事件となって、全ての国民に知れることになってしまっているのですから、相撲協会も今更、危機管理もへったくれもないでしょう。あらゆる組織にとって危機管理とは組織防衛の事、不祥事が起これば、何とか、国民に知られることなく、そして、事実を表面化させずに組織にとってマイナスとならない様に、組織内で、うまく処理することが、組織にとっての危機管理なのです。

今回の傷害事件を、貴ノ岩と貴乃花親方が警察に直行したのは、相撲協会に話せば、事件を隠蔽されることがわかっていたからなのです。天下の横綱が、格下力士に暴行を働くことなど、とてもじゃないが考えられないことで、しかも傷害なのですから、これだけでも日馬富士は、いかに弁解しようと横綱失格です。おまけに、事件として書類送致となってしまったのですから、とても無理だか、万が一不起訴になっても、これは前歴として残るのですから、相撲協会が危機管理を叫ぶのは、何とか示談に持ち込むしか方法は無いと思っているからなのです。

貴乃花親方が、相撲協会に対して沈黙を貫くのは、示談には応じませんよと言う意思表示であり、それが全てなのですから、相撲協会に残された道は、速やかに日馬富士を引退させることです。それが唯一、相撲協会が国民に納得してもらえることなのです。

大事な子供が会社の上司に一方的に暴行で傷害を負わされ、会社側に示談応じてくれと言われても、「ふざけるな、この野郎」と思うのは、どこの親でも一緒のはず、不祥事が外にバレないことが、組織としての危機管理、これだけ日馬富士の傷害が国民の前に明らかになってしまっているのに、危機管理が聞いて呆れます。

もしかしたら、相撲協会の危機管理とは、奇忌奸痢の文字の間違いなのではないでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー