menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

貴乃花親方新相撲協会設立か、相撲道の筋を通すなら、それが一番ですね

貴乃花親方が、ここまで腹を括っているのなら、今更、現在の相撲協会の軍門に下ることや、手打ちなど、もはや出来ませんね。それと、白鵬一人の身勝手すら、どうにも出来ない相撲協会に、相撲道を守れるわけもありません。私は、八百長は八百長で、それは別に犯罪ではありませんので、相撲ファンが、八百長でも何でもいいから面白い相撲なら結構と、納得してもらえるならば、それでいいと思いますし、他のプロスポーツ競技だって八百長はあるのですから、賭博等の犯罪が絡まなければ、八百長も立派な興行だと思います。

多くの相撲協会の幹部や親方、そして関係者の皆さんも、貴乃花親方の言っていることは、迷惑で困ると言うのであれば、貴乃花親方を、今まで通り多数決の原理で排除すればいいだけのことです。

そうなると貴乃花親方だって居場所が無くなるわけですから、これから転職してサラリーマンをするわけにもいかないでしょうから、やはり相撲で生きる道を選ぶはずです。

考えてみれば、相撲は土俵さえあれば、どこでも出来るのですから、小さな場所や施設でもいいですから、相撲小屋を作って、新たなる相撲協会を立ち上げればいいのではないでしょうか。

そうですね。それは、難しいことではなく、旅役者の一座の感覚でいいと思います。貴乃花ファンだけを集めての相撲でも、「これが相撲道の真髄」の看板だけで、関係者皆さんは食べていけると思います。多勢に無勢は、最初のうちだけで、最後は、錦の御旗がある方が勝つのです。

もしかしたら、吉田司家の相撲の神様が、貴乃花親方に、この相撲界の闇に対する、一連の行動をさせているのかも知れません。

新相撲協会、楽しみですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー