menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

貴乃花理事解任、ご本人は望むところでしょう、これで相撲協会は完全に悪者

報告義務、報告すれば、あちこちで圧力がかかり、示談どころか事件そのものが、隠蔽されてしまうことが、わかっているから、報告などはせずに、鳥取県警となったのであろう。この時点で貴乃花親方は、理事など解任されても結構との決意が見て取れる。相撲協会は、今までに数々の不祥事があったのにもかかわらず、一向に改善されずの、なあなあ体質、まさに貴乃花親方の孤軍奮闘が、相撲協会の危機を救うことが出来るのに、まるで貴乃花親方が悪いとの姿勢である。これを又、報じているマスコミもどうかしている。

被害者は、あくまでも貴ノ岩であり、貴乃花親方側であることを、ごまかしてはならない。この傷害事件は素人が見ても、実行犯は日馬富士であるが、事件の中心人物は白鵬である。おそらくは、貴ノ岩を締め上げることを最初から共謀していての事件であったと思われる。そうなると、共謀した者は、直接手を出していないにせよ、共謀共同正犯の論理で、日馬富士と同罪、全員引退しても済まない話である。

しかも、誰も止めずに、2分間も日馬富士に殴らせておいたのですから、これはでは共犯の離脱は認められず、全員が傷害の同罪である。おまけに、それから、頭が割れて出血している貴ノ岩を、病院にも連れてもいかず、ラーメンを食べに行くのですから、こんなデタラメなことはありません。

貴乃花親方が、示談ばかりに動く協会側に、もはやこれまでと思うのも当然のことです。そして、その根底にあるものは、モンゴル勢を中心とした八百長相撲の撲滅にあるのですから、貴乃花親方が協会の指示、命令などに従うわけがありません。

貴乃花理事解任、そんなもので解決できるほど、相撲界の闇は浅くはないのです。相撲協会は、この事件の中心人物である白鵬を引退させることが出来なければ、自浄能力があることにはならないのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー