menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

貴乃花親方が今でも口を開かない理由は、今後の推移がまだ明確になっていないからである

問題の中心にあるものは、貴ノ岩の傷害事件にあるのではなく、モンゴル勢力を筆頭とする相撲界の八百長問題である。しかし、テレビ、新聞を見ても八百長の話は誰もしない。八百長の三文字は、誰もが絶対に口にしてはいけないタブーなのである。八百長は、どんなことがあろうとも認めてはならないものであり、もし、八百長を相撲関係者が認める様なことになれば、日本相撲協会は崩壊してしまう。相撲で生きている人は、力士ばかりでなく、多くの人が路頭に迷うことになる。

貴乃花親方だって、相撲で生きている人で他人事ではない。北の湖理事長が、改革は私の時代では無理だから、貴方が理事長になったらやってくれと言われたそうな。

貴乃花親方としては、今のところ理事長になれるものなら理事長になって、八百長を撲滅したいところ、そんな立場の自分が、相撲協会そのものを殺してしまう、八百長の話を世間に向かって口に出せるはずもない。だから、沈黙が続くのである。八百長を口に出さずに、八百長を止めさせねばならないと言う苦しい立場が今なのである。

しかし、水清ければ魚住まずで、四角四面の貴乃花理事長の誕生を苦々しく思っている皆さんも、結構居るはずである。

貴乃花親方が、もし、真実を語るとすると、それは、貴乃花親方が現在の相撲協会と決別し、新たな相撲組織を立ち上げた時か、もしくは、相撲の世界を辞めた時である。

推移が明確になっていない限り、面と向かって世間に語ることは出来ないと言うのが、貴乃花親方の今の本音である。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー