menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

金メダルを取るのは大変です、金メダルは全員に渡したらいいのではないでしょうか

オリンピック競技の出場選手も、日本のためにやっているというよりは、勝てば自分のためになることなのですから、金メダルを目指して頑張っていただきたいと思います。勝負事は何でもそうなのですが、勝たなければ評価されないもの、負けてしまうと中々辛いものがあります。

私なんかも、人生、いつも負けの連続で、いい思いをしたことがありませんね。自分に力が無いのか、それとも能力が無いのか、そんなところなのでしょうが、しかし、実は負けることにも、大変いいことがあるのです。

負けると確かに誰も評価してくれませんが、負けることに慣れてしまうと、負けても何とも思わなくなるのです。つまり、挫折を挫折と思わなくなり、精神的な強さが増すことになるのです。辛さや苦しさが、無くなりますので、常に明るい気持ちで人生を送ることができるのです。負けて勝つとは、この事を言うのではないでしょうか。

栄光の裏にあるものは、常に挫折の恐怖なのかも知れません。金メダルを取った人の、その後の人生が順風満帆であるとは限りません。競技に出た以上は、勝つことは勿論、大切なことなのですが、心の中では、そんな重大な問題であるとは思う必要は無いのです。

正直、私は、人様に勝つことが、あまり好きではありませんので、負け惜しみで言うわけではありませんが、メダルなど欲しくも何ともありませんね。人様が、ガッカリしたり、落ち込む姿など見たくもありませんからね。

むしろ、生意気かも知れませんが、表彰を受ける立場より、表彰する立場になりたいと思っております。

そんな私ですから、出場した選手には、全員に金メダルを渡してしまうかも知れません。

でも、本当は、それがオリンピック精神なのではないでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー