menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

クルーザー放火説、そう言えば、停泊中の船が燃えるなんて聞いたことありませんね

「船の火災は聞いたことがない」

専門家によると、クルーザーから出火する場合、2つの原因が考えられるという。エンジンのガソリンが気化して船内に充満し、電気系統のショートで発火するケースと電気系統の漏電だ。

「だけど、おかしい。気化したガソリンに火がついても普通は火災までいきません。漏電ならブツブツ燃えてじきに消えるものです。ところが今回の事故では『ドカーン』という爆発音を2度聞いた人がいる。そんな爆発は考えられないし、そもそも日本国内で無人のクルーザーが炎上したなんて聞いたことがありません」(船舶の専門家)

 現地で取材中の記者もこう言う。

「地元の消防や漁業関係者、観光関係者などに聞いたところ、これまで湾内で船が燃えた事故は聞いたことがないそうです。通常あり得ないことが起きた。」

では原因は何なのか。

「あくまでもウワサですが、放火ではないかというのです。光進丸は小舟で係留ポイントまで行って船に上がる乗船方法。事故当夜、誰かが小舟で接近し、火をつけたのではないかとの声も上がっています」(日刊ゲンダイ)

昔、日本海軍の戦艦「陸奥」も停泊中に爆沈をしたのですが、これも謎で今でもよくわかりませんね。まして明確な敵が居るわけもない船が狙われて放火されるのも考えられない話、そこで、事件だと結びつけるとなると保険金か、しかし、保険も、どの程度の金額なのか、以前、三浦和義氏が生命保険詐欺を狙った殺人事件との話題になったものがあったが、火災ですから火災保険となるのでしょうかね。

停泊中の船の突然の火災、あまり聞いたことも無い内容となると、どうしても人は疑ってかかるもの、そして、とかく事件なるものは、複雑な人間模様が絡むものでもあるのです。

さて、どうなることやら、エアコンの点検で火災が起きるのなら、危なくて、うっかりエアコンの点検など業者に頼めませんね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー