menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

首相案件とは、よくもまぁ、そんな生臭い危険な事を総理が主導するなと驚くばかり

これが事実だとすると、まさに最初から加計ありきで、忖度どころではなく、行政そのものが総理の意向で、ねじ曲げられたことになる。加計学園に投入される数百億の金が、総理のポケットマネーならともかく、国民の税金も多く含まれているはずで、これは、国民に対する背任行為だと糾弾されても致し方無いところだと思う。

役人も官邸の取巻きも、国民に、まったく目を向けておらず、総理の意向に従う事が自身の得策と考え、平気で嘘の答弁をし文書を改ざんする。日本は、いつからこんなデタラメで野蛮な国になってしまったのであろうか。

それも、国民の目に見えるだけでも、官邸も絡んでいると思われる自衛隊の日報隠蔽、森友の文書改ざん、そして、この加計の首相案件に対する、信じられない助言などと、もう、官邸は化け物屋敷なのかと思われる程の、インチキのやりたい放題である。まじめな職員は自殺までしているのに、誰も本当の責任を取ろうとはしない。ふざけた話である。

それと、驚くのは、総理自身が、こんな生臭い危険なことに首を突っ込んでいることである。親しければ親しい程、世間の疑いの目には厳しいものがあり、とかく勘ぐられるものなのです。本当の親友なら、友人である総理が、苦境に追い込まれる恐れのあることなどを、依頼したりはしないものです。

加計問題は、そんなことは無いとは思いますが、とかく政治の世界は、裏金が飛び交うもので、誰の懐も痛まない税金を使っての話が多いのも事実なのです。秘密は、自分一人なら隠しと通せるものですが、いざ、他に誰か一人でも居るとなると、その後に、露見する可能性は常にあるのです。二人だけの金のやりとりでも、人間関係は、いつ、どうなるかわかりません。こちらは、黙っていても、金を貰った、あるいは金を渡したことを相手は覚えています。

ですから普通の人は、薄汚いことは誰でも嫌がるものなのです。

そんな、行政を、ねじ曲げる薄汚いことをしたと疑われるだけでも、日本を代表する総理としては許されないのです。

過去に、総理、自らが、如何に官邸主導とはいえ、こんな生臭い危険なことをすることなど聞いたことがありません。本当に驚くばかりです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー