menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

山口達也さんのお陰で、大臣のセクシーヨガが消せて大成功でしたね

国民の声も、毎日のマスコミ報道で動かされるのも事実である。スキャンダルを消すには発覚前に、そのスキャンダルを消すのが一番だが、運悪く出てしまった場合には、別のスキャンダルで、そのスキャンダルを薄める方法が、よく用いられるものである。以前、偉い人の息子さん達も関係していたシャブ使用のヤリ部屋での死亡事件でも、別の有名女優さんの覚せい剤事案で、こちらの方に話題が集中して、マスコミ報道を薄めることに成功しましたね。

でも、本当のことを言うと、被害者の方には申し訳ないが、芸能人個人の問題は、たとえそれが犯罪であっても、多くの国民には関係の無い話で、夢中になってマスコミが報道することでもないはずです。そりゃ、マスコミも営利ですから視聴率勝負もわからないではありませんが、だからといって、日本の国が、どうなるとの話でもないのです。

それを思うと、教育の元締め中の元締めである文科大臣が、昼間から公用車を使って、セクシーヨガで2時間以上もリラックスしているとの話の方が、それこそ、国民にとって激震が走る内容で、即刻、大臣辞任に追い込まれても、何ら、可笑しくない話だと思います。

特別職だから、勤務時間は自由だとの論法は、公用車でのヨガ通いには、とても当てはまるものではありません。まして、大臣の部下は国会で、色々と追求されている時間なのですからね。それを親方の方は、セクシーヨガでリラックスでは、国民は呆れるばかりです。

そんな折の、山口達也さんの女子高生へのキス報道。あれっと思うのは、事が起きたのは2月の話、それを何で、今になって、急に世に出てきたか、不思議でなりませんね。

これで、マスコミは、視聴率欲しさに、こちらに集中、セクシーヨガの話は消えてしまいました。それも示談になっているとか、まだ事件でトラぶっているのならともかく、すでに示談になっているものを、こんなに大騒ぎするのですから驚きです。

セクシーヨガ消滅大成功、こちらの方は、寧ろ山口達也さんに感謝ですね。

安倍政権を必死で守ろうとしてる関係者の皆様、本当に毎日ご苦労様です。これからも、是非、頑張って頂きたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー