menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

朝鮮半島問題が詳しい評論家も本当の事はテレビでは言えないそうですね

体制内の大手マスコミにとっての報道とは、国民が知りたがっていることを報道するのではなくして、こちら側の都合のいいことだけを国民に伝えることなのだそうです。

そういわれてみれば、全ての問題が、お茶を濁してオシマイなことばかりで、何のための報道なのか、まったく意味がありませんね。そんなところが、どうもスッキリしないので、よくテレビに出られている朝鮮半島問題に詳しい評論家の方の伝聞なるものを紹介させてもらいました。

何でも、生放送なので、その前に、テレビ局との綿密な打ち合わせがあり、発言していいものと、ダメなものとがあり、これが実は、大変なのだそうです。そうなると、どうしても当たり障りの無いことばかりで、話をしていても自分でも嫌になるそうです。道理で、テレビを見ている国民にも、首を傾げることばかり、疑問なことばかりなのです。

それと、昨今の森友、加計問題などは、韓国や北朝鮮だったら、とっくに安倍総理は逮捕のはずなのに、逮捕されてはいないのも、これも不思議なことだと話されていたそうです。

そして、日本国民もトンチンカンな抗議行動ばかりなのだそうです。安倍総理は傀儡なのですから、安倍総理に抗議行動を起こしてもどうにもなるものではなく、日本の政治経済に一番影響を及ぼしているのは米国なのですから、本来なら、抗議行動は米国大使館のはずだそうです。そういわれてみれば、米国大使館への抗議行動はありませんね。

でも、この評論家のお方も、真実を一度でも語ったら、それこそテレビにも出られないわけで、いい加減な話で報酬を得ているのですから、所詮、人間、生きるためにはそんなものなのでしょう。

さて、さて、デタラメに慣れて居ない日本国民には、わからないことばかりなのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー