menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

トランプさん具体的なものが何も無ければ、日本は北朝鮮に金など出しませんよ

米朝会談、何の成果も無かったですね。逆に、北朝鮮にとっては、金正恩の生命の保障と体制の維持が会談の目的なのですから、北朝鮮側とっては大成功、今回の会談は、北朝鮮の一方的な勝利でしたね。

とてもじゃないが、イラクやリビアに比べると、米国も牙を抜かれたライオンみたいなもので、もはや北朝鮮にとっては米国など怖くも何ともない国になってしまった様ですね。

しかし、よく考えると、元々米国と北朝鮮はグルで敵対など最初からしていないのです。CIAの皆さんも、昔から北朝鮮に頻繁に出入りしていますし、米国は北朝鮮には裏で食糧援助をしているのですからね。ですから、全て茶番劇なのです。

真に世界を動かしている指導者の皆さんにとっては、思想、信条など、どうでもいいことで、要は儲かればいいだけのことなのです。ですから、米国の兵器を平気で(笑い)テロリスト勢力に売り渡すこともするのです。実は、このテロリスト勢力なるものも怪しいもので、イスラム国もそうなのですが、CIAが内緒で作ったとも言われています。

ブッシュ家とビンラディン家が親戚であることも有名な話で、こんなにヤラセばかりでは、本当に馬鹿々しくて嫌になります。

大東亜戦争で、日本には石油が一年分しか無かったのにもかかわらず、3年8か月も戦えたのは、戦争していたにもかかわらず、米国筋が内緒で石油を日本に売っていたとは、お釈迦様でもわからなかったと思います。

テレビや新聞で知らされることは、ほんの一部の、どうでもいいことばかりなのですから、普通の国民には、何が何だか、さっぱりわかりません。

ただ、わかっていることは、米国が日本に対して、北朝鮮に金を出せと言う事、でも、トランプさん、日本にとっては、今回の米朝会談では、何の、具体的なメリットも無かったのですから、日本国民が北朝鮮に金を出せるわけがありません。

そもそも、米国が世界で一番、核兵器を持っているのですから、自分が持っていて、北朝鮮に持つなと言うのも変な話なのです。

むしろ、拉致問題なども、日本が核武装すれば、直ぐに解決するのではないでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー