menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

6月で連日36℃とは、こんなに暑いのは、東京の高層ビル増加が原因なのでは

CO2が地球温暖化の原因などとは嘘で、この暑さも世界の気候すら自由に操る輩の仕業であろう。その証拠に、寒いときは異常とも思われる程、日本でも寒くなる。

それと、近年の熊谷や館林での連日の36℃を超える暑さには驚くものがある。東京でさえ、6月でも毎日30℃を超える、この暑さ、どう考えても尋常ではない。東京は、東京湾があるのだから普通は真夏でも夕方は涼しくなるはず、それが、夕方になっても涼しくはならず、家にある風鈴も鳴らない。

そういえば、毎日の生活の中でも、台風以外は、風を意識することが無くなってしまった様な気がする。風は涼しさを感じるもの、風が一メートル吹けば気温は一℃下がる。どうも、毎日の東京湾からの風が無い。コンクリートの東京より、緑や土が多い埼玉県や群馬県の方が涼しいはず、それが、どうしたことか、埼玉県や群馬県の内陸部の方が圧倒的に暑いとは、信じられないことである。

風が上から吹くものであれば、いいのであろうが、人間が感じることの出来る風とは、高層ビルのはるか高い位置で吹いているものではなく、自分の身体の位置でしか、感じることが出来ないものである。

本当に、最近は都心ばかりでなく、東京湾周辺にも高層建築物が随分と出来ましたね。これでは、東京湾からの風もストップとなるはずで、熊谷や館林がサウナとなるのも、よくわかる様な気がします。

風は、風水的には、気の流れとして見られるもの、気の流れも、血の流れと一緒で、流れが悪いと、とかく禍が起こるものなのです。ですから、気の流れの悪さが、連日の季節はずれの猛暑となっているのではないでしょうか。

新宿の高層ビルが気の流れを悪くし、それが原因で、中央線での鉄道自殺者が多いと言われたこともありましたね。

最新性、利便性を求めるのは結構なことなのかも知れませんが、どんなことでも一方では、マイナスの面も必ず出てくるもので、関東内陸部の暑さなども、その一例だと思います。

最近の慌しい社会よりも、以前のアナログ社会の「心の安定と生活の安全」がある方が、人間にとって幸せなのではないでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー