menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

沖縄県知事選挙、弔い合戦の玉城氏の圧勝だと思いますね、選挙で八百長が無ければですが

玉城氏は米兵の父とウチナンチュの母との間に生まれた。玉城氏は父親の顔は知らないそうな、何故なら、母親が父親の全ての写真を破り捨ててしまったからである。このお話には、ちょっと暗いものを感じる。そんな在日米軍二世の玉城氏が、新基地建設反対を掲げて沖縄県知事を目指す。

 私には米国の血が半分流れている。だから私の言うことは米国には、半分聞いて頂く。残りの半分は日本政府に聞かせるとのこと。

 辺野古を埋め立てて国営の土地ができたら(辺野古新基地建設の事業主体は沖縄防衛局)、ウチナンチュが初めて基地を米国に提供することになる。沖縄の歴史の中で初めてとなる。やってはいけないことだとの筋論を述べる。

沖縄の基地問題も、日本国政府に本当の主体があるのではなく、日本を日本人を使って間接統治する米国の強い意向、安倍総理に反対など、最初から出来ないことなのです。

自公は、もはや争点をぼかして選挙を戦うしか方法はありません。本当は、沖縄は品川区と同じ広さの嘉手納基地で十分なはず、それを又、日本国民の税金で辺野古に基地を造ると言うのですから、沖縄県民ばかりでなく、日本の全国民も怒らなければなりません。

在日米軍は、日本を守るためにあるのではなく、日本全土で、日本人が米国から離反することを許さないことを目的として、日本を監視するためにあるものなのです。そうでなければ、日本国憲法より権限が上位の日米地位協定など存在するわけがありません。

日本の本当の愛国者の多くも、いつまでも米国占領下の日本では、300万の英霊の皆様に申し訳ないとの気持ちで一杯です。

玉城氏の健闘を祈るばかりです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー