menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

相撲協会が慌てたって、もう遅い、もう、とてもじゃないが公益財団法人の組織ではありません

相撲界はブラック企業だとおっしゃった方がいらっしゃいましたが、ブラック企業の経営者が聞いたら、冗談じゃない、今の相撲の世界は、もっと悪質で、俺たちと一緒にするなと怒り出すかも知れませんね。部屋内での稽古と称して、ビール瓶等で殴って殺してしまうわ、灰皿等で頭をかち割るやら、注射と称しての八百長相撲やら、挙句の果てには、役職を巡っての権力闘争で、貴乃花親方を引退、退職に追い込むまでの仕打ち、もう、ヤクザ映画顔負けのシーンの連続で、テレビの野次馬としても、最近の、気の抜けたような、ろくでもないドラマを見るより、失礼だが、余程面白い。各テレビ局の視聴率も高いのではないでしょうか。

相撲協会の信じられないところは、組織の掟が優先で、その掟も、権力を持っている側の都合で、瞬時で勝手に決めてしまうのですから、こんなことは、普通のブラック企業だってしないはずです。相撲界の、それぞれに必ず入らなければ、部屋としては認めず、貴乃花一門解散後、仕方なく、皆さんどこかに入ったのでしょうが、貴乃花親方だけは、告発の事実は無かったこととしなければ、各一門には入れてもらえないというのですから、これは、暴力団世界での、破門状どころではなく、まさに絶縁状、渡世人としては、もはや生きてはいけない仕打ちなのです。

まして、告発の事実が無かったこととなれば、普通の解釈では、これは虚偽の犯罪を警察に訴えたことになり、これでは逆に貴乃花親方が罪を犯したことになり、引退、退職どころの話では済まなくなる。

ここまで来れば、貴乃花親方には選択肢は存在せず、弟子のことを考えても、引退、退職の道しか残されていなかったのである。でも、世論は許さない。連日の激しい報道が、協会幹部を慌てさせていることが、よくわかる。しかし、すでに遅しである。男が一度、辞任、引退、退職を口にした以上、覆水盆に返らずである。

こんなことばかりの連続で、公益財団法人が聞いて呆れる。100億円の収入があるのに、税金は15万円しか払っていないそうな、長い歴史と伝統のある国技、相撲の神様が泣いている。私が子供の頃の、相撲界の幹部は、理事長を筆頭に立派な方が多かった様な気がする。真面目な貴乃花が、理事となって、いくらかは良くなるのか期待はしていたが、これで万事休すである。

もはや、名称も大相撲ではなく、日本式プロレスリングと改名して、公益財団法人も返上するべきなのではないでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー