menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

松井選手も貴乃花親方も、使い捨てにされる甘い言葉には乗らないほうが賢明ですね

高橋巨人監督の辞任、成績が悪ければ当然なのかも知れませんが、勝負に負けるのは監督の責任かといえば、そんなことはないはずです。野球は選手がするもので、監督は選手の起用を任されるだけで、選手が抑えられず、選手が打たなければ、勝てるものではなく、力のある選手が揃っていなければ、とても勝てるはずもないのです。相撲も同じで、素質のある強い力士を集めるのが第一で、その証拠に相撲部屋に、これだけモンゴル出身の力士が集まったのです。

先発投手が毎試合完封し、野手が毎試合10点以上取れば、監督は野球の素人でも務まるはずです。長嶋選手や王選手が居た巨人軍だから川上監督が9連覇できただけの話、監督の采配など、そんなに大それたことでもないのです。

要は、プロ野球なのですから負けると、普通は営業的に減収となるので、それで、どの球団でも勝つことが重要視されるのです。巨人の人気を維持、回復するためには、松井選手を監督にしたいところなのでしょうが、お客さんも冷たいもの、松井監督で勝てればいいが、負けると松井監督だって、お客さんは許してくれなくなる。つまりは、使い捨てにされてしまうのです。人気なんてものは、目には見えない浮き草みたいなもので、そんなもので危険なことをしてはいけません。

選手としての栄光も、監督になったことで泥にまみれ、人々から罵声を浴びるられることになる。生活に困らなければ、そして、そんな嫌な不快な思いをすることが見えておられるなら、松井選手も最初だけの甘い言葉に乗ってはいけません。

そして、貴乃花親方も、国民に人気があるとの甘い言葉で政治家などになってはいけません。選挙で勢いのあるのは最初だけで、あの人気の高かった司会の宮田輝さんの政治家としての、その後を見ても、所詮、最初の人寄せパンダで、結局、使い捨てにされてしまいましたね。

人の生涯は、終わりよければ全て良しで、最期が大切なのです。人生の最期が悪くならないような生き方をしたいものです。

せっかくの栄光を使い捨てにされない様に、とかく甘い言葉には乗らないことが成功の秘訣だと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー