menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

CATEGORYスポーツ

日馬富士 貴ノ岩に暴行疑惑 傷害は横綱引退どころか事件になるな

日馬富士 貴ノ岩に暴行疑惑 ビール瓶で殴打、右中頭蓋底骨折とは、まるで映画に出てくる様な話ですね。以前も時津風部屋でのビール瓶での殴打事件があったが、もしかしたら相撲の世界では頻繁にビール瓶での殴打が行われているのではなかろうか。こんな事態…

クライマックスシリーズもドラフト制度も廃止した方がいいと思いますよ

長いペナントレースを制して優勝した球団が、クライマックスシリーズで負ければ日本シリーズには出られないとはふざけた話である。これでは優勝の意味も価値も何もなくなる。日本シリーズに勝った日本一のチームが、実はペナントレースでは3位だったでは、教…

八百長相撲が無いから、どうしても土俵際の怪我が多くなる、仕方がないのかな

15日間、ガチンコで相撲を取るのは大変であろうが、相撲ファンにとっては面白く見られるもの、相撲人気はいやでも、これで高くなる。その反面、力士も最後まで全力で頑張るから、どうしても土俵際の怪我が多くなる。見ていれば、よくわかるが、最近は、力士…

仙台育英に野球の神様が味方したな、大阪桐蔭惜しかった、高校野球は面白い

私が初めて高校野球の応援で甲子園に行ったのは、秋には東京オリンピックもあった、昭和39年の夏でしたね。母校の修徳高校が甲子園に初出場したからでした。あの頃はまだ、東京代表は1校で、代表になるのは大変でした。修徳のエースは、ロッテオリオンズに…

巨人10連敗、やはり監督の責任にされてしまうものなのです

選挙は勝てば皆様のお陰、負ければ候補者の責任、しかし候補者の本音は、俺を担いだのは誰なんだ、候補者は神輿に乗っているだけでいいはず、取り巻きや、支援者がしっかりしないから負けたんだ、金を使い、気を使い、身体を使い、それで俺が謝罪する、そんな…

クライマックスシリーズと広島カープ

今回は、広島と日本ハムがクライマックスシリーズに勝ったので良かったのだか、これでペナントレースに優勝したチームが日本シリーズに出られないとなっては、それこそ何のために長い試合を勝ち抜いて来たのか、その意味が無くなる。何事もそうだが、最後に勝…

広島カープ優勝、広島市民の団結は素晴らしいですね

戦後の広島の復興を願って広島市民の力で設立された広島カープ、親会社がないのですから球団運営には、随分と苦労があったと思います。スター選手を金の力で集め、それで優勝を狙う球団が多い中、若手選手を育て、そして一流にする姿勢には、見ていて清々しい…

リネール金メダルでも組まない柔道は柔道ではない

右、左の喧嘩組み手はあるにしても、組み手ばかりに終始すれば、僅か5分なのですから直ぐに競技は終わってしまう。アレッと思ったら何だか、わけのわからない指導なるもので負け、四年間苦労してオリンピックに備えたのに、これは一体何だと、日本人選手なら…

大谷投手163キロ、大リーグに行かなければいいが

少し前までは、145キロ位で凄いといわれていたものですが、大谷投手は150キロどころか、163キロなのですから、これだけで国民栄誉賞に該当するのではないでしょうか。そしてバッターとしても四番として十分に務まる力があり、こんな選手は見たことが…

稀勢の里は来場所で横綱になれますよ

先場所13勝2敗、そして本日13勝2敗と立派なものです。白鵬との一番も惜しい勝負で、力の差はありませんね。鶴竜との戦いも、鶴竜の予想外の外掛けに慌てなければ、負けなかったと思います。常に落ち着いて、相撲を取ることが出来れば稀勢の里は誰にも負…

さらに記事を表示する

カテゴリー