menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

CATEGORY時事問題

産業革新投資機構、国家国民のために民間人が働く、期待するのは結構だか、所詮あてにはならないものなのです

大きな詐欺事件の大部分は甘い誘いの投資話、欲に絡んだ皆さんが次々と騙される構図は昔から少しも変わっていない。投資で儲かるならこんな簡単で楽なことはないと思うが、投資はドブに金を捨てるような場面が多く、あぶく銭を湯水の様に持っているお方ならと…

低賃金の外国人労働者ですか、食えなくなれば日本で簡単に犯罪者に豹変しますよ

税金は金を持っている人からたくさん徴収するのが大原則、金持ちも金持ちとしてのプライドがあるのなら、生活に困っている人を助けるとの義侠心がなくてどうします。それが、パナマ文書でもわかるように、720人余りもの日本人が5兆円も脱税しているのです…

通信障害位で日本国中がマヒする恐ろしさ、機械は必ず故障し壊れるもの、こんなものに生活の全てを任せる方がどうかしている

今日、押上から半蔵門線に乗ろう京成線で行ったら、何と押上のホームは人で溢れている。その後、トータルで、押上からの都営浅草線は7時間も動かないでは、どうにもならない。最初は、人身事故かと思ったら、そうではなく、京成線と都営線との運行システムの…

高輪ゲートウェイを最初から使いたかったの、でも、どう考えても競走馬の名前ですね

高輪ゲートウェイは130位の泡沫候補、こんなものが選ばれたのですから驚きである。いくら高輪が入っているからといって、これを選んだ神経はどうかしていると思うし、それに、ゲートウェイの横文字も響きが悪く汚らしい感じがする。そもそもゲートなるもの…

大嘗祭だけでなく、眞子様の結婚問題も宮内庁に大きな責任があると思いますね

誠に失礼なことかも知れませんが、大切に温室の中で育てられてこられた眞子様に、いきなり社会的免疫力を求めるのは無理な話で、巷に居る男性の良し悪しなど、簡単に判断できるわけがありません。普通の一般女性なら、親に相談するまでもなく、自分の人生を左…

最近は皇室を護る保守本流の動きが鈍い、このままでは、まさに日本危うしである

最近の日本は、西郷南洲の遺訓を受け継ぎ、天皇を中心とした日本の文化と伝統を護り継がんとする保守本流の姿が見えない。本日の秋篠宮殿下のお言葉には、驚くべきものがあった。多くの国民がお言葉を聴く場面での「宮内庁は聞く耳を持たない」との、お言葉は…

F35戦闘機100機、購入総額1兆円、そんなものを買うために消費税を上げるのか

中国の脅威、そんなものがどこにあるのか。中国が日本に戦争を仕掛けても何のメリットも無いばかりか、そんなことをすれば中国自身が経済破綻をしてしまう、それだけ日本と中国の貿易比率は圧倒的に高いのである。一機、100億円もする米国の戦闘機を又、無…

水道の民営化、狂ったことを言うな、民間会社はいざとなれば利益第一主義、倒産もあるぞ

最近の日本は、何でもかんでも民営化がいいと勘違いしている輩のなんと多いことか。電気やガスが無くとも人間は死ぬことはないが、水が無ければ人間は間違いなく死ぬ。中国に行かれた方ならわかると思うが、中国の一流のホテルや飲食店行っても、水が出される…

今度は二度目の大阪万博、国民の血税が、こんな無駄な、お祭騒ぎばかりに使われていいはずがない

やるべきはずのフランスに金がなく、フランスとしても万博など、そんな無駄なことをやっている訳にもいかず、それで日本にお鉢が回ってきた。オリンピックも莫大な経費がかかるものだから、最近は、どこの国もやりたがらず、最初から他の二国はあて馬で、中国…

ゴーン氏の弁護をする弁護士さんは石井一氏や村木事務次官や小沢一郎氏を担当した元検事さんとか

検事を辞めて弁護士になる方は大勢いるでしょうが、やはり、大事な自分の弁護を頼むのですから検察の追及に勝てる弁護士でなければ困るのです。誰でも懲役や莫大な罰金刑は御免蒙りたいもの、更に、出来れば無罪どころか、違法逮捕だとか、損害賠償とかの逆転…

さらに記事を表示する

カテゴリー