menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

CATEGORY時事問題

国民の目を逸らすための北朝鮮ミサイルと自然災害報道なのかしら

マスコミ報道が世論を大きく動かすのも事実である。普通の国民にとって政治家や役人が、毎日何をやっているのか、それを知るのはマスコミ報道だけである。ですから第四の権力と言われているマスコミが、政権勢力とグルとなったら、この世は闇となる。勿論、政…

都議選自民惨敗当然でしたね、それでも安倍総理は自分が敗北の原因だとわかっていないのか

元々、国民の二割にも満たない得票であっても小選挙区のお陰で、表面上、圧勝してただけの自民党。棄権も含めて八割以上の有権者は、安倍自民党の支持者ではないのです。それを何を勘違いしたのかは知らないが、自民党の議席数イコール、国民の支持者の数と勝…

発言は常に録音されているもの、ハゲ~、娘がひき殺されてもぉ~とは、呆れましたね

頭など帽子を被るためにあるもの、どこの大学だろうと、どんな職業であろうと、ダメな人間は、地位や経歴に関係なくダメなのである。世の中、勘違いしてはならないのは、相手が、どんな、お人であろうと、人と人との関係は常に五分だと言うことを忘れてはいけ…

都議選も大事だろうが、五年先の話など鬼が笑うどころか、誰も信用しませんよ

「今、海道一の親分てェと誰でしょうね。」「ないね。ヘェ。ありません。東海道には親分の数は多いんだが、皆、同なじぐらいに肩を並べて、グウと頭抜(ずぬ)けたのはないが、五年経つと海道一の親分が出来ますよ。」 「ハア、誰です。」 …

小池都知事もやはりジャンヌダルクにはなれなかったか

築地と豊洲の併用、そんな大野伴睦氏がよく使われた、足して二で割る手法は、双方の顔を立てるから一見うまくいく様にも思えるが、そもそも都民や国民は、豊洲利権、築地利権の闇を晴らしてくれることを期待して、小池候補に投票したのです。 だからこそ、…

中国のカンニング、それも実力の内だと思いますよ

中国では試験で人生が決まるそうなのですから、そりゃ中国の学生を含めて家族一同、夢中になるのも仕方の無いところ、カンニングだって何だって、やりますよ。日本ばかりでなく、世界各国では、親や閨閥のご威光、あるいは金の力で、試験などの点数に関係なく…

官邸主導の弊害には目に余るものが多くなりましたね

何でもそうだが、物事には程々が一番で、極端なことをやると必ず、その弊害が出るものなのです。政治主導、つまり官邸主導は耳障りが良いが、官僚の人事権まで全て握るのは、やり過ぎだと思いますね。私は警察官でしたから、警察の偉い人の最近の人事にも、や…

渋谷暴動殺人事件46年目の逮捕

今は激しい警備も無くなってはいるが、昭和40年代の警備現場では、常に命の危険があった。何しろ極左暴力集団の数の方が機動隊員の数より多いのですから、そりゃ大変でしたね。昭和43年の日大闘争では警視庁第五機動隊の方が殉職されましたが、日大全共闘…

加計学園の忖度もメチャクチャですね

安倍総理のお友達だから忖度ですか。最近の日本の役人もどうにもなりませんね。全体の奉仕者として、厳正公平に仕事をするのが公務員であり、その公務員が、偉い人の忖度で仕事をされたのでは国民としては冗談では済まない話、ましてや国を代表する総理が、忖…

女性宮家はいけませんよ

眞子様の急な婚約発表、あれあれあれ、普通は菊の中での体制を整えられて、お二人揃われての婚約発表となると思うのですが、何かバタバタしていますね。恋愛問題も一つ間違うとスキャンダルとなってしまうので、慌てて婚約、結婚とのことになる場合も多いので…

さらに記事を表示する

カテゴリー