menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

CATEGORY未分類

尾畠春夫さん、偉いものですね、ボランティアで生きることは大変なことなのです

65歳で魚屋を辞めてのボランティア人生、はたして生活費は大丈夫なのかと気になるところ、歯は入れ歯と聞いて、全てが若いわけではなく安心もしたが、それにしても、その体力たるや、本当に素晴らしいと思います。そして、この記事、1日往復48キロの山道…

大東亜戦争はアジア解放のため、インド国民軍もインパール作戦で日本に味方

73回目の終戦の日を迎えましたが、日本の国は未だに米国の占領下のままです。戦前、アジアの独立国は日本とタイだけでしたが、タイはイギリスとフランスの力関係の問題で独立していただけの話で、本当の独立国は日本だけだったのです。日本はアジアの盟主と…

アインシュタインの脳、解析できれば素晴らしい、特別なものを発見してもらいたいものです

NHKの番組、アインシュタインの脳、あるのは134箇所で、残り92箇所がどこにあるのかわからないそうな。前頭葉が普通の人より一つ多い四個、頭頂葉も発達していて、三次元の世界を自由に創造できる脳を持っていたとのこと。天才の脳がどんなものである…

6月で連日36℃とは、こんなに暑いのは、東京の高層ビル増加が原因なのでは

CO2が地球温暖化の原因などとは嘘で、この暑さも世界の気候すら自由に操る輩の仕業であろう。その証拠に、寒いときは異常とも思われる程、日本でも寒くなる。 それと、近年の熊谷や館林での連日の36℃を超える暑さには驚くものがある。東京でさえ…

三浦洋一さんの番組を拝見致しました、ご家族皆様の、これからのお幸せを祈っております

6月15日、TBSテレビの「爆報THAフライデー」を見させて頂きました。内容は、三浦洋一さんの、奥様が癌で苦しんでおられ、そして、二人のご子息も、懸命に生きておられることが、よくわかりました。何とか、奥様の癌細胞が消え、お二人のご子息も、望…

負けることの喜びがわかるようになれば本物の男なのですが、それにはやはり長い苦労が必要ですね

勝負は、勝つ者と、負ける者の両者があってこそ存在するもの、本来なら誰もが勝者となるのが一番いいのでしょうが、それでは勝負事ではなくなってしまう。 世の中とは厳しいもので、何でもそうだが、負けると全てを失うことになりかねず、誰も相手にし…

東関部屋が創価学会柴又平和会館の傍に引っ越して来ましたね。

創価学会柴又平和会館も、最近できたものですが、葛飾区には創価学会の会館が他にも、いくつかありますね。それだけ会員の方も多く布教活動も熱心に行われているところなのでしょう。 信教は自由ですので、どんな宗教を信仰されようと結構なことなので…

貴乃花親方が今でも口を開かない理由は、今後の推移がまだ明確になっていないからである

問題の中心にあるものは、貴ノ岩の傷害事件にあるのではなく、モンゴル勢力を筆頭とする相撲界の八百長問題である。しかし、テレビ、新聞を見ても八百長の話は誰もしない。八百長の三文字は、誰もが絶対に口にしてはいけないタブーなのである。八百長は、どん…

陸王、行田の足袋会社が舞台、私の母も昔、行田の足袋店で働いていました

俳優の役所広司(61)が主演を務めたTBS日曜劇場「陸王」(日曜後9・00)の最終回(第10話)が24日に25分拡大で放送され、平均視聴率は20・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが25日、分かった。第8話の17・5%を大幅3・…

茨城県知事選挙も共産党筋が候補者を立てなければ自公は負けたな

任期満了に伴う茨城県知事選は27日投開票され、自民、公明両党が推薦する新人で元IT企業役員の大井川和彦氏(53)が、7選を目指した現職の橋本昌氏(71)と、共産党などが推薦する新人のNPO法人理事長、鶴田真子美氏(52)を破り、初当選した。…

さらに記事を表示する

カテゴリー