menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

CATEGORY未分類

以前、死んだ戦友の人肉を食べて生き延びることができたと、真実の話をしてくれた人が居ましたね

極限状態の人間が、生きるために人肉を食べても、それは犯罪ではなく、刑法の緊急避難の論理で許されるはず、しかし、人は誰でも過去の暗い記憶は思い出したくはないし、触れられたくもないはずである。まして、そんな話は口が裂けても人様には言えないことで…

インターポールのトップを拘束とは中国の権力闘争にも凄まじいものがありますね

世界の捜査機関のトップが、自分の身の安全がどうにもならないのですから、これでは世界の人々も警察に対して不安になりますね。警察を守るためにはどうしたらいいのか、警察とは別の警察組織を作る必要があるのかも知れません。それだけ世界には、捜査や司法…

最近は警察官を襲う精神異常者が増えているのか、それとも日本社会に異常があるのか

時代は変われど、今も昔も同じで、普通、犯罪者は警察官や交番を見ると、それを避ける行動を取るものなのです。それが、理由もわからないまま警察官を襲い刺殺するとは、この青年は精神的に問題があったとしか考えられませんね。拳銃奪取が目的であるとすると…

最近、司会者等の皆さんが、やたらと使う「ちなみに」が耳障りでなりません

最近、テレビの司会者等の皆さんが、やたらと「ちなみに」を使うので、とても耳障りです。 まぁ、一つの流行になっていると言われてしまえば、それまでですが、以前は、司会者等に、あまり使われてはいなかったものでした。因みには、言葉を接続する表…

尾畠春夫さん、偉いものですね、ボランティアで生きることは大変なことなのです

65歳で魚屋を辞めてのボランティア人生、はたして生活費は大丈夫なのかと気になるところ、歯は入れ歯と聞いて、全てが若いわけではなく安心もしたが、それにしても、その体力たるや、本当に素晴らしいと思います。そして、この記事、1日往復48キロの山道…

大東亜戦争はアジア解放のため、インド国民軍もインパール作戦で日本に味方

73回目の終戦の日を迎えましたが、日本の国は未だに米国の占領下のままです。戦前、アジアの独立国は日本とタイだけでしたが、タイはイギリスとフランスの力関係の問題で独立していただけの話で、本当の独立国は日本だけだったのです。日本はアジアの盟主と…

アインシュタインの脳、解析できれば素晴らしい、特別なものを発見してもらいたいものです

NHKの番組、アインシュタインの脳、あるのは134箇所で、残り92箇所がどこにあるのかわからないそうな。前頭葉が普通の人より一つ多い四個、頭頂葉も発達していて、三次元の世界を自由に創造できる脳を持っていたとのこと。天才の脳がどんなものである…

6月で連日36℃とは、こんなに暑いのは、東京の高層ビル増加が原因なのでは

CO2が地球温暖化の原因などとは嘘で、この暑さも世界の気候すら自由に操る輩の仕業であろう。その証拠に、寒いときは異常とも思われる程、日本でも寒くなる。 それと、近年の熊谷や館林での連日の36℃を超える暑さには驚くものがある。東京でさえ…

三浦洋一さんの番組を拝見致しました、ご家族皆様の、これからのお幸せを祈っております

6月15日、TBSテレビの「爆報THAフライデー」を見させて頂きました。内容は、三浦洋一さんの、奥様が癌で苦しんでおられ、そして、二人のご子息も、懸命に生きておられることが、よくわかりました。何とか、奥様の癌細胞が消え、お二人のご子息も、望…

負けることの喜びがわかるようになれば本物の男なのですが、それにはやはり長い苦労が必要ですね

勝負は、勝つ者と、負ける者の両者があってこそ存在するもの、本来なら誰もが勝者となるのが一番いいのでしょうが、それでは勝負事ではなくなってしまう。 世の中とは厳しいもので、何でもそうだが、負けると全てを失うことになりかねず、誰も相手にし…

さらに記事を表示する

カテゴリー