menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

LATEST ENTRIES

クルーザー放火説、そう言えば、停泊中の船が燃えるなんて聞いたことありませんね

「船の火災は聞いたことがない」 専門家によると、クルーザーから出火する場合、2つの原因が考えられるという。エンジンのガソリンが気化して船内に充満し、電気系統のショートで発火するケースと電気系統の漏電だ。 「だけど、おかしい。気…

貴乃花親方、常務取締役から平社員に、普通の会社なら誰でも退職しますね

何とも、全ての軍門に下った180度転換の全面降伏なのですから、今までの騒ぎは何だったのかの話ですね。今回の事件は事件として、暴力事件を起した自分の部屋の力士を引退させ、ご自身も現在の相撲協会から身を引き、たとえどうにもならなくとも在野にあっ…

安倍総理一族と森永一族の昭恵夫人には、長い歴史がありますね

今から51年前の事になるのですが、学生時代の先生が、私に奥の深い話をしてくれました。先生は、近衛師団の少佐で終戦を迎えられ、警察予備隊に入る前までは、大正製薬の上原正吉社長の秘書を務められていたそうです。 先生の奥様は、森永製菓のお嬢…

死者が出ている森友問題、国民にはバレバレなのに、それでも嘘の答弁を続ける苦しさ

国民の目から普通に見ても、佐川さん一人の判断で、改ざんする、そんな馬鹿々しいことをするわけはないし、又、出来るわけもありません。こんなことが、まかり通れば、権力者は、何をやっても常に正義で、立場の弱い国民は、どんな些細なことでも罪におとしめ…

馬鹿な政治家に権力を持たせてはならない、官僚よ頑張れ

親や家族の七光り、そして金の力で政治家になった連中ばかりなのですから、日本でまともな政治が行われるわけがありません。明治以来、日本の国を支えてきたのは優秀な官僚の皆様なのです。そりゃ、天下りとか省庁縦割りとか、色々な弊害も確かにあったし、あ…

外交権が存在していない日本に戦争する権利など最初から無いのです

「軍事力が自立していない日本は独立国ではありません」とは、逮捕されてしまった田母神氏の持論であったが、本当に、その通りだと思いますよ。米国は一流品は売ってはくれず、その、二流、三流の米国兵器だって、専門である自衛隊が買っているわけではなく、…

文春砲が次々と炸裂、今度は加計説明会に今治市が動員要求する文書を入手しましたか

森友学園に続いて、公文書書き換え疑惑が浮上した加計学園の獣医学部新設問題を巡り、今治市が、同学部の開設説明会に、教職員や父兄を動員するよう市内の小学校、中学校、高校に要求していたことがわかった。  今治市は、1月21日に岡山理…

安倍総理もやはり米国によって、総理を辞めさせられてしまうのではないでしょうか

少し考えると、アレッと思うことがある。それは、森友の改ざんの事実を朝日新聞にリークをしたのは誰かということである。相手が実力政治家や、高級官僚や、他の絶大な権力者である場合、皆さん、ガードが固いので、マスコミ人の取材は、自分で探偵の様に、尾…

「安倍晋三、昭恵夫妻のせいでなぜ、俺が…」と怒る麻生財務相、その通りなのかも知れませんね

(AERA) 「安倍政権は今年度の予算が成立した段階で、財務相を交代させる算段で動いているが、肝心の麻生さんは『(森友疑惑は)俺は関係ねえ』と周囲にぶちまけ、『なんで、安倍晋三、昭恵夫妻のせいで俺が責められ、辞めなくちゃいけないのか』と…

オウムの死刑執行で、国民が森友の改ざん事件から目を逸らしてくれればいいが

報道が過熱すると、その渦中に居る人は、早く別の大事件でも起きてくれないかと願うもの、ましてや権力の中枢に居る人は、何とかならないものかと、日夜、焦燥の念に駆られることになる。そうなると、とかく大きなニュースを自ら作らざるを得なくなるものなの…

さらに記事を表示する